早朝の一時的な高血圧を生み出す半日の空白

血圧が高い状態が維持されてしまうことによって心臓や血管、腎臓などの諸器官にストレスをかけ続けることになってしまいます。高血圧であるということによってはっきりとした自覚症状が生じることは多くないものの、諸器官へのストレスが続くことによって合併症が生じるリスクが高まります。動脈硬化や心不全、腎不全といったものがその代表的なものであり、それが原因でさらに合併症を伴っていくことも珍しくありません。その予防のためには血圧を下げるということが不可欠であり、降圧剤が使用されて血圧のコントロールが試みられます。適切な投与量が選ばれてコントロールができるのが一般的であるものの、そうでありながら合併症が出てきてしまうこともあります。その多くが一時的に高血圧になっている状況が繰り返されていることが原因となっています。早朝に一時的に血圧が高くなってしまうことがしばしばあり、たとえ一時的な上昇であってもそれが繰り返されることによって諸器官に負担がかかってしまうのが原因です。一日三回服用する降圧剤の場合には夕食と朝食の間に半日の間が空くことも多く、十分な降圧効果が得られないことがしばしばあります。また、一日一回投与の降圧剤であっても、朝にそれを飲むことが多いため、明け方になると十分な濃度の薬剤が身体の中になくなってしまってコントロールができなくなってしまっていることがあります。一日一回でよい降圧剤を処方してもらい、夕食後に飲むことによって最大で半日程度の経過時間で済むことからこういった早朝高血圧を予防することが可能です。食事を基準として服用することが半日もの間をあけてしまう原因になっているのも事実であり、それにこだわらない服用を行うのも一つのアプローチです。

ページの先頭へ戻る