血圧とパンフレットとカリウムについて

血圧のことが気になりはじめたら、無料で配布しているパンフレットを参考にしてみてもいいでしょう。よくこうした健康に関しての、無料のパンフレットは配布しているので、入手もしやすいものです。健康のに関してのパンフレットに目を通すと、家族での健康管理や、血圧についての意識も高まりやすくなります。

血圧を良い状態に保つためにも、生活習慣の修正をするにも、カリウムの摂取はよいことです。自然の降圧薬とも言われる成分であり、体内の不要な塩分をスムーズに排出する作用があります。生命を維持する上でも大切な役割を持っていて、体内に不足しないよう心がけるべきミネラル成分です。

いろいろな食材には含まれてはいるものの、発汗で失われやすい成分でもあります。特に真夏の汗をかくシーズンは、体内にも不足しがいですから、意識的に摂取をする必要があります。

一定の浸透圧を保つのが、カリウムとナトリウムの働きであり、これによって正常な細胞のキープができます。体内の血液内に存在するナトリウムの数値が高くなると、それを薄めようとしますから、血管の中に体液が入り込んで血管を圧迫します。これが血圧が高くなる状態です。

そこでカリウムの出番になります。ナトリウム吸収を抑えて、余分なナトリウムは尿中へと排出をします。こうしてスムーズに、体の外へと出す作用が働きます。体の外へとナトリウムは出ていきますから、血液内にあったナトリウムの濃度も下がります。こうして血圧は順調に降下することになります。血圧を安定させるのもカリウムの役割ですから、予防のためにも日頃から摂取をすることです。ほうれん草やじゃがいも、アボガドやわかめにも、カリウムは豊富に含まれています。

ページの先頭へ戻る