血圧を管理するアプリの比較

高血圧は動脈硬化や心筋梗塞など、さまざまな生活習慣病の原因になります。定期的な健康診断も重要ですが、血圧が高めだと診断された方は、毎日の健康管理が欠かせません。現在ではスマートフォンで健康チェックができる多様なアプリが開発されています。無料で利用できるものも多く、機能を比較して使いやすいアプリを選ぶことができます。
一般的なアプリでは、血圧をはじめ体重・体脂肪率・血糖値などのデータをタップで入力するようになっています。またカレンダーに連動していて、測定し忘れがないようにチェックできるほか、通院日や服薬の記録も一目で分かるのが特徴です。入力した数値はグラフや一覧表に加工され、降圧目標値や平均値との比較ができます。簡単に視覚化できるので、目標の管理をしやすいというメリットがあります。
データをパソコンに転送したり、医療機関と共有できるようになったアプリもあります。スマートフォンにデータを入力し記録しておけば、自分だけでなく家族の健康管理に役立てることも可能です。ただし万一スマートフォンが故障した場合に備えて、バックアップを取っておくことは大切です。
また管理するだけでなく、スマートフォンで血圧を測定できるアプリもあります。使用するには専用の測定器が必要ですが、血圧計を持っていない時には役に立ちます。測定器には指を当てるだけでよく、血圧の他に心拍数や酸素飽和度なども測定できます。
このほか病院検索機能がついていたり、生活習慣病に関する記事が読めたりするなど、それぞれに工夫の凝らされたアプリが利用できます。有料のアプリは無料のものと比較すると、在宅医療にも対応できるよう、豊富な機能を備えています。

ページの先頭へ戻る